管理人やるぞうのプロフィール

簡単ではありますが、僕のプロフィールを書いておきますね。

管理人の生まれと社会人までのいきさつは?

まず、僕は1980年代に九州の田舎で生まれ、社会人になるまで田舎で育ち、

社会人になってからも田舎で仕事をしていました。

子供の頃は目立ちたがりのやんちゃ坊主で、

テレビゲームが大好きでした。

 

幼稚園から小学校までは、

親に決められた時間までテレビゲームに夢中になり、

親が外出しているスキを狙ってはこっそりゲーム機を

テレビの前にもってきてゲームをするほど大好きでした。

 

ただ人付き合いは大の苦手で、学校の先生の事を「先生」と

素直に言えないほどコミュ症でしたし、

幼稚園の頃の目立ちたがりの面影はどこへやら、

おとなしくなってしまい、それを見た男子らから

からかわれ始め、いじめの対象とされることもしばしば。

 

喧嘩も弱く、泣き虫で、宿題もよく忘れるどうしようも無いヤツでした。

 

そして集団いじめがあったときは面白がって対象の子をいじめたことがあり、

それが先生に見つかってこっ酷く叱られた覚えもありますし、

友達を裏切って約束を破ったこともあります。

 

それでいて家ではわがままで、自分の思い通りにならなければ

ビービーと泣き叫び、暴れまわったような記憶があります。

 

振り返ってみると根っからの自己中心的な性格ですね…。

 

中学時代も相変わらずコミュ症と宿題忘れは継続していて、

中1の時に人生で初めて一目惚れというものを体験すると

好きな女の子と話すなんてもってのほか、

顔を見ることも出来なくて、只々遠くから眺めていました。

 

そして家では好きな女の子を妄想してオナニーしてた記憶があります。

ちょうど同じ年に、学校帰りの竹やぶで雨に濡れて乾いた

ヨレヨレなエッチな本を見つけ、興味本位で持ち帰ってエロ本を

広げた時の衝撃は今でも覚えており、当時の僕にとっては過激でした。

 

学校生活では可愛い女の子とはドキドキして上手く話せず、

幼馴染だった女の子とも一緒に帰る勇気もなく、

周りの目を気にしていました。

 

男子では立場が弱い僕が女の子と一緒に帰ったら

目をつけられるのは分かっていましたから。

 

それで彼女なんて出来るはずもなく中学を卒業し、

高校は女子が少ない工業高校へ入学しました。

 

ほぼ男子校である高校は女子が学年に5人居れば良い方で、

一年のときは女子がひとり同じクラスにいました。

 

高校一年のときは先生も良く、クラスメイトもいい人ばかりで

とても楽しい一年を過ごせたのですが、

高校2年から学科が変わり、新しい体制になってからは面白みが無く、

コミュ症が蘇り、更に悪化する現象が起きてしまいました。

 

それでも不登校にはならずになんとか頑張って学校に通い続け、

無事に就職先を決めて卒業。

成績は中学時代に比べれば良くなったほうですが、可もなく不可もなく。

自慢できるものと言えば皆勤賞くらいでしょうかね(笑)

 

そして社会人生活が始まりました。

管理人が優良な出会い系サイトを知ったのはいつ頃か

僕が最初に異性と出会えたツールがハッピーメールで、

社会人2年目の年です。

 

社会人一年目の頃は女性スタッフが多い職場でしたが

異性としてドキドキする暇もないくらい忙しく、

お局さんにいびられ続けることがトラウマになって

一時期女性不信に陥りました。

 

社会人2年目では異動を言い渡され、

職種も業務内容も全く別の新しいものになりました。

 

その年は運送会社の事務業の傍ら、作業人夫として

荷物の積み込みや農協の農業倉庫でお米の入庫作業等の力仕事をしていました。

 

事務所内はピリピリした空気が漂いますが、

外で仕事をするトラックの運転手さんはとても気さくでいい人が多く、

外だけはリラックスした気分で仕事ができ、

運転手さんとも楽しく世間話をしていました。

 

そんなある日、運転手さんから女の話題を振られたときのこと。

「やるぞう、お前彼女はいるか?」

「いえ、いません。今まで一度も作ったことがなくて・・・」

「お前、そりゃ本当か!勿体無いぞ。よし、俺のとっておきを教えてやる」

 

そんな流れで教えてもらったのがハッピーメールです。

 

「出会い系サイトってやつだ。知ってるか?」

「ええ、知ってます。ただ、変なサイトで騙されたことがあるので信用できないんです。

本当に出会えるんですか?」

「ああ、出会えるぞ。俺もここでは数人の女性と出会っていい思いをさせてもらってるから

お前も絶対出会えるはずだ。やり方を一通り教えてやろう」

「ホントですか!ありがとうございます!お願いします!」

 

そんな感じでハッピーメールの使い方を教えてもらい、

そこから数週間後に初めて女性と出会うことに成功できたのです。

 

それからというもの、お金に余裕ができたときはハッピーメールを使って

女性と出会い、コミュニケーションを取り続け、力をつけていきました。

 

今は運送業は退職して別の仕事をしていますが、

僕はハッピーメールと出会えたことに感謝しています。

 

出会ってなかったら女の子とのコミュニケーションは

風俗だけで済ませていた可能性がありますからね…。

 

それに比べて出会い系サイトは風俗とは違い、

真面目に出会いを探していればデートも出来ますし、

長い時間過ごすことができます。

 

出会い系は異性のことを良い面でも悪い面でも知ることが出来る良いツールですよ。

もしプロフを読んでも管理人が信用出来ない場合

もしここまでお読み頂いても僕の事が

信用できなかったり共感できない場合は、

遠慮なくこのページを閉じて頂いて構いません。

 

簡単にプロフにしましたが、少しは僕のこと、伝わったでしょうか…?

 

もしあなたが出会い系サイトに興味を持った場合は、

とりあえず会う会わないは別としてどんなものか触って見るだけでも

全然良いと思いますので、とりあえず行動に移してみてください。

このサイトへ来てくれたあなたにいい出会いがあることを願ってます。

 

何か疑問なことや聞きたいことがあれば、遠慮なくコメントくださいね。



→PCMAXで楽しい出会いを(登録無料 R18)

→ハッピーメールで素敵な出会いを(登録無料 R18)

出会い系サイトで出会う可能性を高めるには複数登録がおすすめです。

未分類

Posted by yalzoh