管理人やるぞうのプロフィール

管理人やるぞうのプロフィール

 

管理人やるぞうのプロフィール情報です。僕がどんなヤツなのかはここで雰囲気くらいは掴んでいただけるかと・・・

 

 

簡単に自己紹介をさせていただきます。

 

 

やるぞうというハンドルネームで活動しています。

 

活動エリアは福岡、佐賀、長崎周辺で出会い探しで暇つぶしをしています。

 

時間があれば真面目な顔しながらエロいことを考えている変態です。

 

 

僕は小中学生までいじめの対象で、

 

からかわれたりすることが日常茶飯事、

 

それが原因で人見知りになり、

 

他人の様子を伺いながら人と接していました。

 

 

更には時間にルーズで自己中心的な性格のどうしようもないヤツでした。

 

学生時代は特に目立った成績は無く、小学校ではいじめの対象にされ、

 

中学校では目も当てられないほど一目惚れした女の子へ告白できないどうしようもないヤツで、

 

高校では男子校で女との会話なんて皆無なむっつりスケベ。

 

 

やがて高校を卒業、運送会社に入社して社会人の仲間入りをしたのですが、

 

その運送会社が携帯ショップの代理店を営んでおり、

 

最初は運送会社の社員という肩書で携帯ショップに一年間勤務することになりました。

 

 

携帯ショップの職場の男女比率は比較的女性が多く、

 

社内恋愛の場としてはもってこいの場所と言えます。

 

 

ですが、当時は時間の使い方も人との接し方もすごく不器用で

 

さらに人見知りが治っておらず、

 

人と目を合わせること自体ままならない状況の中で仕事をしていました。

 

 

高校を卒業したあくる日に友達に誘われてパチンコにはまってしまい、

 

恋愛なんてものは二の次、対象にも含まれていませんでした。

 

 

社会人になってからもパチンコ台と日々向き合って、

 

そのほうが人と接することもなく楽で楽で仕方がなく、

 

気がつけばパチンコ台が恋人となっていました。

 

 

また、お金をパチンコ以外に使うのがもったいないと思うようになり、

 

パチンコ>彼女だったため、恋愛とは程遠い状態でした。

 

 

ひどいときにはその日にでた給料をすべてパチンコに

 

つぎ込むくらいの中毒者だったのです。

 

 

当然勝ち方を知らなかった僕は負け続けで貯金もなく、

 

交際費なんて言葉は僕の頭の中にはありませんでした。

 

 

職場の同僚、女性の先輩とは話下手ながらもコミュニケーションが取れていたのですが、

 

職場にお局さんが一人存在しており、

 

新人いびりの代名詞として皆から恐れられ、

 

お局より格下の社員はお局が出勤日のときは皆表情が強張っていました。

 

 

お局のお気に入りの社員でさえ、ご機嫌を損ねると何をされるか

 

分からないという恐怖の中でお局のご機嫌を取りながら仕事をしていました。

 

 

携帯ショップはシフト制だったので、翌月の出勤表をもらうと

 

直ぐさまお局と自分の休日が重なっていないかチェックしていました。

 

お局の休日と自分の休日が一致しない日が多ければ多いほど

 

ガッツポーズしていました。

 

 

お局と休日が重なりまくりの月の時は、「気の毒になぁ・・・」と同僚から同情されていました。

 

 

気持ちよく仕事ができる日はお局が休みのときくらいで、

 

その日は同僚も先輩もお局がいない日がどんなに楽かと話すほどでした。

 

 

携帯ショップでの僕の業務内容は主に接客、電話応対、

 

入荷された携帯電話の検品が主だったのですが、

 

「接客」という人と接する仕事が大の苦手だった僕はアドリブにものすごく弱く、

 

お客さんとの対応時、失敗を恐れてどんな質問がとんでくるのかが怖くなっていて、

 

質問されたら頭が真っ白になるくらい自分が何を言っているのかわからない

 

ことが多々あり、当然それによって言葉が詰まって

 

回答ができなくなり、先輩に対応を代わってもらわざるを得ない状況が日々続いていました。

 

 

そしてそれがお局の目に止まってしまい、僕もそのお局の

 

いびりターゲットとなってしまったのです。

 

 

それからのこと、出社しては失敗する度に怒られ、

 

目を向けるだけで怒られ、些細なことでも怒られ続け、

 

遂には接客も任されなくなり、裏の電話応対に回るも

 

そこでも電話の向こうのお客さんの声がよく聞こえず、

 

先輩に変わってもらったりしていたのでその件でまたお局に怒られ、

 

いつしか僕はお局という存在よって人間不信、女性不信に陥ってしまっていたのです。

 

 

それを見かねた店長が、一年を区切りに運輸部への異動を提案。

 

それから運送会社本社の運輸部へ異動することになりました。

 

 

運輸部の業務内容はドライバーさんの業務日報をパソコンへ

 

打ち込んだりする事務作業、社内で管理する荷物の倉庫管理、リフトマン、

 

荷物の積み下ろしで人手が足りない時は事務作業は後回しで

 

力仕事をしたりとかなりハードでしたが、そのぶんやりがいもあり、

 

人間関係では気さくな運転手さんが多くて話しやすい環境で、

 

いつしかそこが居心地の良い場所となっていました。

 

 

女性との関わりが無いことを職場の先輩に打ち明けると、

 

「今度ボーナスが出たら風俗へ連れて行ってやる!」と言ってくれ、

 

忘年会等のボーナスが出た時期は、一次会が終わると

 

二次会と称して風俗へ遊びに行っていました。

 

 

本当は普通に恋愛して童貞を捨てたかったのですが、

 

僕の童貞は風俗で卒業となったのです。

 

 

異動先に慣れて人間不信も和らいできたある日のこと、

 

荷降ろし作業を手伝った後の休憩時間に、

 

よくコミュニケーションを取っている30代独身男性の運転手さんから

 

「お前、女はいるか?」と聞かれ、

 

恋人は作るつもりはないけど興味があると伝えた所、

 

「それなら、これ、使ってみろ。お前の条件にはピッタリだ」と、

 

運転手さん御用達の出会い系サイトをすすめてくれました。

 

 

しかし、その時は利用をためらっていた自分がいました。

 

 

というのも、携帯ショップ勤務で女性不信に陥っていた僕も

 

異性との出会いに全く興味が無かったわけではなく、

 

潜在意識からか出会いを求めていた時期があったのです。

 

 

携帯でたくさんの無料出会いサイトがあることを知っていた僕は、

 

セフレが欲しい感情を抑えきれず、少ない知識を元に

 

まずは無料でセフレができると謳っている怪しいサイトに

 

空メールを送って登録し、セフレをひたすらさがしていました。

 

 

・・・が、どれも会えずに失敗。サイトでのメール代がべらぼうに高いし、

 

会いたいと意思表示しても避けられたりうやむやにされつづけ、会えず。

 

サイトを退会しようとしても退会料金がかかると引き止められたり、

 

しまいには退会すら出来ない始末。

 

 

そのころは出会える世界というものを知りたくても知ることができず、

 

出会えない詐欺サイトの利用を繰り返す状態が続いていた苦い経験がありました。

 

 

中にはワンクリック詐欺等で使ってもいないサイトの利用料を

 

請求されたこともありました。10万円、ひどいときには30万円とか。

 

 

もちろん支払う必要のない架空請求だったことを

 

消費者センターに相談に行ってから初めて知りました。

 

 

ただ、消費者センターへ相談に行く前に5万円以上のお金を悪徳業者に入れていたのです。

 

 

時すでに遅しとはこのことです。

 

 

これに懲りて、出会い系というものは使うまい。出会い系なんて

 

結局出会えない架空の存在なのだと、毛嫌いしていました。

 

 

そんな中での運転手さんからの出会いサイトのススメ。

 

 

最初は乗り気ではなかったのですが、僕はその運転手さんを

 

信頼しており、お墨付きのサイトだということで渋々登録して利用を開始。

 

 

 

 

・・・それからが新しい世界の幕開けとなったのです。

 

 

 

 

登録して間もなく初めて出会うことに成功し、車内で生フェラをしてもらいました。

 

 

それから間もなく、サイトで初エッチを体験しました。

 

 

人妻と甘~い夜を過ごすこともできました。

 

 

他人の夫婦のエッチを鑑賞することもできました。

 

 

人脈も無く、人見知りで話下手、更にはファッションも精通していない僕が・・・です。

 

 

 

 

数年間詐欺サイトに騙され続けた僕にとっては信じられない出会いが

 

次々と体験できたことに、正直驚きを隠せませんでした。

 

 

生まれて初めて本当に異性と出会えるサイトと出会ったことに感動し、

 

サイトを使って異性と出会う楽しみを見出すことが出来たことは

 

僕にとって最高の価値だったのです。

 

 

異性と気軽に出会える環境が本当にあるのだと。

 

 

この感動を少しでも多くの方に伝えたいと思って、

 

異性と出会うことに不自由しなくなった今こそ、

 

出会いへの成功のきっかけ、近道をお伝えする

 

立場としてブログやメルマガで情報発信を続けています。

 

 

僕が出会えて、あなたが出会えないことなどあり得ないのです。

 

 

女性の人脈・友人ゼロ、男ばかりの職場環境にいた僕が、

 

恐る恐る出会いサイトという世界に飛び込み、

 

たくさんの異性と出会える環境を手に入れるまでに

 

見たこと・経験したこと・学んだことなどを、

 

赤裸々に本音で語ります。

 

こんな恥ずかしい内容の体験談を赤裸々に晒しているのにはある理由があるのです。

 

 

この世代は情報社会、何でも調べればおおよその事が分かる時代となりました。

 

そのぶん情報が溢れかえり、どの情報を信じて良いのかわからなくなることもあります。

 

あなたはどの情報を信じるかを探すことから始めなくてはなりません。どの情報を信じるかはあなた次第です。

 

 

もちろんあなたは異性との出会いなんかに興味がなくて、

 

オナニーはエロ本・動画等のオカズで事足りていて、

 

性的欲求の解消は風俗で満足しているかもしれません。

 

 

リアルでは実現することが大変だった異性との出会いが

 

簡単に具現化出来る方法に少しでも興味がある場合のみサイトの閲覧を続けてみてください。

 

あなたの知らない新しい世界がお見せできるかもしれません。

 

 

性別・・・男

 

年齢・・・30代前半になります。

 

居住地・・・福岡県内

 

エリア・・・長崎県、佐賀県、福岡県メイン

 

趣味・・・旅行、インターネット、パチンコ、投資、映画鑑賞、知らない場所をドライブ探索すること

 

出会いサイト利用歴・・・10年以上

 

よく利用する地域・・・九州圏内

 

一番多く利用する(閲覧する)掲示板・・・アダルト掲示板の即会い系

 

今まで何人くらいと会った?・・・30人以上は会ってます。でもすべてがアダルト系ではなく、メル友から友達になった人もいます。

 

好きなタイプの女性・・・真面目で明るく気配り上手、話し上手で、引っ張ってくれそうな人

 

嫌いなタイプの女性・・・自分勝手で高飛車で、気配りしない人。あと、一緒にいるにもかかわらず携帯ばっかりいじってる人(←携帯が恋人かよ)空気読めない人

 

 

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

トップページへ戻る



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ やるぞうの出会い体験談 出会いのコラム