(詐欺、被害)乱交パーティーという大きな落とし穴

これは忘れもしないハッピーメールでの体験談です。

 

 

いつか体験談として載せなきゃなーと思ってた記事ですが、書くととても長くなりそうなので今になってしまいました。

 

 

忘れもしないと言っても書かなきゃ詳細忘れちゃいますので書きますね。

 

 

この体験談は2011年3月12日のこと。

 

 

東日本大震災はみなさんの記憶に新しいことと思います。

 

 

当時精神不安定状態だった僕は大地震があった日にハッピーメールを覗いていました。そして東北の掲示板も覗いていて、みんな会いたいどころではなくメールで励まし合っていました。

 

 

僕も励ましのメールを何通か東北の人へ送ったりしてたとき、地震の恐怖感をすこしでも拭いたくて地元の掲示板に戻ってアダルト掲示板を眺めていました。

 

 

たしかアブノーマル(刺激的な出会い)の項目だったかな。興味を引く書き込みがあったんです。

 

 

内容は某県内の駅近くで、男女6人ずつによる乱交パーティーを開催するというものでした。

 

 

乱交パーティーは以前から興味があったんですよね。自分以外の男女がセックスしてるのを見ながらこちらもセックスを楽しむ、未知なる興奮を体験してみたかった。

 

 

気になる参加費は、なんと6時間で2万5千円らしい。・・・安いじゃないか。と、即効で相手にメールを送りました。相手のHN忘れたので担当者ということで。

 

 

 

やるぞう「こんばんは。乱交パーティーに興味あるのでメールしました。相手の女性の年齢はどのくらいですか?」

 

 

担当者「女性は21歳~28歳まで6人です。開催時間は夜10時ですが、待ち合わせは9時半位になりますがよろしいですか?待ち合わせ場所は某駅近くです。」

 

 

や「ちょっと遠いですが了解しました。男性の参加は何人ですか?」

 

 

担「一応、男性も6人まで募集します。夜10時から6時間ですが、途中参加や途中退場は大丈夫です。参加費以外は特に必要なものはありません。」

 

 

や「わかりました。なにか準備してくるものはありますか?例えばコンドームとか。」

 

 

担「コンドームなどは用意してあります。会場は一般のホテルです。」

 

 

や「ありがとうございます。ちなみに、友達も一緒に連れてきてもいいですか?」

 

 

担「他の参加者の方とのトラブルの原因となりますので、お友達同士の参加はお断りしています。」

 

 

や「そうですか、残念ですけど仕方ないですね。他になにか注意することとかありますか?」

 

 

担「注意事項ですが、管理売春や迷惑防止条例などの対策のため、如何なる場合においても会場ないの金銭的なやりとりは一切禁止しております。参加費につきましては、待ち合わせ場所で徴収させていただきますので予めご了承願います。また、会場内での写メやムービー撮影も禁止しております。こちらの指示に従っていただけない場合は、他の参加者の方にご迷惑をおかけすることになりかねませんので、参加はお断りさせていただいております。以上のことに同意していただけましたら、参加受付させていただきます。」

 

 

なんか見るからにシステムもしっかりしてそう。参加の意思を伝えます。ここでお昼の2時。某駅前までは1時間半と結構かかりますが、時間までまだありますのでお昼寝して待機することに。

 

 

心配性な僕は夕方に担当者へメールします。

 

 

や「もう一度確認ですが、本当に開催されるんですよね。」

 

 

担「大丈夫ですが、開催時間が少し遅くなりそうです。」

 

 

や「わかりました。男性の参加者は今何人くらいですか?」

 

 

担「お客様が参加してくだされば5人になります。待ち合わせを10時に予定しています。」

 

 

それから数十分後、あっちもせっかちなのか

 

 

担「参加はされませんか?」

 

 

とメールが。チャンスを逃すわけにはいかないので

 

 

や「参加しますよ。女性は今何人ですか?」

 

 

担「女性6人です。男性が5人です。」

 

 

や「一人少ないんですね。じゃあよろしくお願いします。」

 

 

担「わかりました。待ち合わせ時間は大丈夫ですか?」

 

 

や「はい、大丈夫です。じゃあ10時に着くように向かいますね。コートをかけるところはありますか?」

 

 

ここでメールが途切れ、1時間後位に担当者から。

 

 

担「時間に余裕があるようでしたら待ち合わせ時間は11時でも大丈夫ですが、いかがですか?会場はホテルですのでクローゼットなどはあります。」

 

 

や「いえ、10時で大丈夫です。なにか不都合でもありますか?」

 

 

担「間に合うようでしたら10時でいいです。」

 

 

や「他の参加者は何時に来るんですか?」

 

 

担「11時の方が多いです。」

 

 

や「そうですか。そしたら11時に合わせて来たほうがいいですね。もう一つ確認ですが、女性は性病とかもってないですよね?」

 

 

担「女性には性病ではないと言う意志の診断書を提出していただいております。」

 

 

や「(意志?医師だろ・・・)そうですか。なら安心しました。」

 

 

担「お客様にルールを守って頂く訳ですから、当然です。参加でよろしいですか?」

 

 

や「はい。参加で大丈夫ですよ。よろしくお願いします。」

 

 

担「是非とも楽しんでください。待ち合わせ時間ですが、10時か11時どちらにしますか?」

 

 

や「それでは10時でお願いします。乱交中汗でお風呂に入りたいと思うんですが、入れますか?」

 

 

担「シャワーは会場で浴びることができます。お車の車種と色を教えていただけますか?待ち合わせ場所でスタッフがお声を掛けます目印にしたいので。」

 

 

や「わかりました。」

 

 

車種と色を担当者へ伝えます。

 

 

担「わかりました。では、11時にお待ちしております。」

 

 

ここで一旦話を終わり、時間もちょうどいい頃になったので駅まで車を走らせます。特に担当者を疑うこともなく乱交パーティーのセックスを勝手に妄想していました。

 

 

運転中メールするのはいけないのですが気になることがまだあったので向かう途中に質問してみることに。

 

 

や「もう一つ質問です。女性の体型はどんな感じですか?ポッチャリした女性は苦手なので。」

 

 

担「女性は細身から普通体型です。1人、気持ち肉づきのある女性がいます。」

 

 

や「そうですか、それなら安心しました。」

 

 

担「そういった方が多いので、太めの方はご遠慮いただいております。」

 

 

や「わかりました。乱交中は裸になるので貴重品などを預けるところはありますか?あと、会場まではどうやって行ったらいいですか?」

 

 

担「貴重品は会場のスタッフにお預けすることもできます。待ち合わせ場所からお車で会場へ向かっていただきます。」

 

 

ここでちょっと引っかかることが。待ち合わせ場所に行かなくとも会場へ車を走らせればいい話では?と思いましたが、信じて聞かないでおきました。

 

 

や「待ち合わせ場所に車を停めるんじゃないんですね。」

 

 

担「そうです。会場に駐車場は用意しています。」

 

 

や「もうすぐ付きます。」

 

 

担「わかりました。着いたらメールください。」

 

 

メールが終わった頃、ちょうど駅近くへ来ましたので担当者へメールを送ります。

 

 

や「某駅に着きました。なんか周りを見るとパトカーが多いです。何かあったんですか??」

 

 

担「見回りか何かじゃないですか?駅近くにセブンイレブンがあるのはわかりますか?」

 

 

や「はい、近くにありますね。じゃあそこに行きます。」

 

 

担「今向かっていますから、少し待ってもらえますか?」

 

 

セブンイレブンに車を停めて待機します。待つこと10分、怪しげな黒スーツ姿の細い身体メガネの男がこちらに向かってきます。真面目そう?ホステスみたいな感じ。ちょっと怖かったけど担当者であることを確認。

 

 

参加費を担当者に渡して、担当者から会場の場所を教えてもらいます。

 

 

それと他の男の参加者が一人いたので一緒に会場へ向かうことに。

 

 

さあ、いよいよ初乱交パーティーができる!と、ワクワクドキドキ胸を高鳴らしながら会場へと向かいます。

 

 

・・・が、その住所へ向かったけれども会場らしき場所がない。すぐに担当者へメール。すると、

 

 

メールが送れない!!!アドレスをすぐに変えられている!

 

 

思いっきりやられましたね。被害に遭ってしまいました。

 

 

1時間半かけて燃料使って来たのにあんまりだ。お金取られたくやしいのうくやしいのう・・・。なんともやるせない気持ちになってしまいました。

 

 

そこで一緒にいた参加者の男性としばらく立ち往生してお互い頭真っ白。もうすこし怪しいと思っておくべきでした。

 

 

突っ立っててもしょうがないので、被害にあった男性同士近くのファミレスでダベリ会をすることになりました。

 

 

もうひとりの男性は40代後半のおじさまで、なかなか気さくでいい人でした。

 

 

「まさかこんなことになるとは・・・」お互い励まし合って1時間くらいダベリましたね。悔しくてしょうがない。

 

 

解散する前にお互いメルアド交換してファミレスをあとにしました。

 

 

後々思えば、6時間で2.5万はたしかにうますぎる話だったということと、待ち合わせ時間が曖昧なこと、なぜ待ち合わせ場所を経由したかを疑わなかったこと、同伴してもらうよう強要しなかったこと等が反省点です。

 

 

これも社会勉強だと思って割り切るしかないです。証拠がなく内容がアレなので警察にもなにも言えませんし、ハッピーメール運営局に被害報告をしても払ったお金が返ってくるわけではありません。

 

 

一応悪質なユーザーということは伝えました。完全な業者でしたね。残念無念です。

 

 

みなさんも、乱交パーティーとかいろんなイベントを催すユーザーがいたら用心してやりとりをしてくださいね。被害に遭わないのが一番です。

 

 

もうひとりの被害者のおじさんとはしばらく励ましのメールや世間話をしていましたが今はもう連絡もしていません。おじさん元気にしてるかな。

 

 

→PCMAXで楽しい出会いを(登録無料)

 

→ハッピーメールで素敵な出会いを(登録無料)

 

出会い系サイトで出会う可能性を高めるには複数登録がおすすめです^^

こちらの記事もどうですか?

同一人物から3回の冷やかしを受けた

冷やかしというキツイ体験はできるだけ避けたいものですが、出会い系サイトを利用する以上、一度は体験したことがあるのではないでしょうか。

 

 

冷やかしをなるだけ防止するためには、相手のメールのやり取りで本気か悪戯かを判断する力が必要になってきます。

 

 

これは経験値が上がっていくと自然と身につくようになりますが、それでも冷やかしを100%避けることは難しいのが現状です。困ったものですがね・・・。

 

 

だいぶ以前のお話になるのですが、僕も冷やかしを受けたことは結構あります。

 

 

欲求不満で彼女もいなくて切なくてヤりたくて、ダメで元々の覚悟でアダルト掲示板(大人の掲示板)で条件無しのセフレを募集するかたちで投稿し続けたことがあります。

 

 

他の記事で書いているように、何度か条件なしで会うことに成功しています。今回は果たして成功するのか。

 

 

継続は力なりと言いますが、ハッピーメールの掲示板の一日一回投稿無料機能を使って投稿し続けるのは意外と面倒だったりします。たとえコピペするにしてもハッピーメールに必ずログインして決めておいた文章をタイトル本文別々に書かなければいけません。予約投稿ができたら便利なんですけどね。

 

 

投稿を続けて5日くらいだったでしょうか。セフレ募集の投稿経由でメールが来まして、「今日会えますが、空いてますか?」とのこと。

 

 

これはチャンスと思い、待ち合わせ場所と時間を決めることに。

 

 

当時は仕事をしていて忙しかったので所定の待ち合わせ場所に行くのに時間がかかってしまうとメールを送ったら、「遅くてもいいので待ち合わせましょう」と言ってくれ、待ち合わせ場所まで向かいます。

 

 

しかし待ち合わせ場所までが遠い。車で一時間の距離なので行くのにも一苦労です。到着して着きましたとメールを送り、相手も「わかりました。いまから向かいますね」と返事が来ます。

 

 

それから20分くらい待っていてもメールが来ないのでこちらからもう一回あとどれくらいの時間で到着するのかメールを送ります。しかしメールが返ってこない。

 

 

結局一時間待っても相手が来ることはなく、虚しい時間が過ぎていくだけ。とても損した気分になりました。

 

 

とりあえず、冷やかしをした相手としてメモ登録をしておくことに。

ハンドルネームを変えてメールをする質の悪い利用者

冷やかしを受けてしょんぼりしている暇もあまりないので、仕事が落ち着いてもう一回セフレを探してみようと思ってアダルト掲示板に投稿します。

 

 

そしたら「今日会えますか?」とメッセージが来ました。再びチャンス到来です。

 

 

しかしそのメールの相手は以前冷やかしをした人物であることが判明。ハンドルネームは変えていましたがメモ登録でバレバレです。

 

 

念のため冷やかしじゃないか、条件は無いけど良いのか確認してどちらも了解を得たので待ち合わせ場所を決めます。普通は一度冷やかされたらNG登録するのですが、タダでセフレなんてなかなか見つけられないので信じてみようと思いました。

 

 

幸い今回は待ち合わせ場所近くに来ていたので車で10分ほどで到着。すかさずメールを送ります。

 

 

しかし、今度は「今日は来れなくなりました」と。流石にちょっとイラッと来ましたね。でもなぜかそのときそんなに怒る気にはならなかった。待ち合わせ場所が近かったからかもしれません。

 

 

また数ヵ月経ったときにセフレが欲しくてハッピーメールにログインし、何日かアダルト掲示板を貪るように見ていたところ、アブノーマル掲示板(刺激的な出会い)にセフレ募集の投稿が。しかも条件はいらないらしい。

 

 

ただ、相手はまたまた冷やかしした人物でした。でもなぜかそのときメールを送ってしまった。

 

 

ライバルは多かったけどダメもとで送ってみたら数時間後に返事が返ってきました。

 

 

「今度こそ会えますよね?」と再び念を押したところ、「大丈夫です」と返事が返ってきたので、これで会えなかったら通報とNG登録をしようと決め、待ち合わせ場所へと向かいました。

 

 

到着してメールを送って待つこと30分。・・・

 

 

 

 

 

やはり相手が来ることはありませんでした。もうバカバカしくって虚しくなって、すぐさまハッピーメール運営局に通報し、NG登録をしました。

 

 

こういった質の悪い利用者が田舎にも存在するのも困った話です。

 

 

こういう冷やかしは極力受けたくないですね。みなさんも気をつけてください。

 

 

→PCMAXで楽しい出会いを(登録無料)

 

→ハッピーメールで素敵な出会いを(登録無料)

 

出会い系サイトで出会う可能性を高めるには複数登録がおすすめです^^

こちらの記事もどうですか?

自分が冷やかす立場になると表立つ罪悪感

ハッピーメールを使っていて実際に会おうとしたとき、待ち合わせ場所に来たものの相手がなかなか来ない・・・結局来なかったということはありませんか?

 

 

それが出会い系で極力避けたい「冷やかし」で、時間や交通費の無駄になってしまいますが、こういう冷やかしを受けたことないですか?

 

 

以前まで僕はこの冷やかしは男性にしかないと思っていたんです。最近薄々感じてきたんですが、実際は女性も冷やかしを結構受けている感があります。

 

 

それは、女性の掲示板への書き込み内容とかで見て取れます。

 

 

「冷やかし無しで!」というタイトルをよく見るので、この人は会うのに苦労してるんだなーとか思うんですよね。

 

 

女性の受付メール数を見るとたくさんのメールが女性に行ってるように思うんですが、実際はメールを送って条件が合わなかったり別の要件でメールをする男性がいて結局会えずにいるってことがあるみたいです。

 

 

実際に人気の高そうな女性と会った時聞きました。

 

 

「受付メール数が多かったけど、よく会ってくれたよね」と質問を投げかけてみたら「メールもらっても冷やかしとか多いからなかなか見つからなくて」と返されることが時々あります。

 

 

苦労してるのは男性だけではないんですね。

 

 

さて本題に入りますが、僕はここ8年で会う約束をしてからの冷やかしを何回してると思いますか?

 

 

そんなの知ったこっちゃないと言われそうですが、答えは2回です。本当は会ってから断るという勇気が必要ですが、当時それがなかったんですよね。会ったら嫌でもしなくちゃいけないって思い込んでしまって・・・。

 

 

済んだことは仕方ないですが、まずは1回目の冷やかしについて述べます。

 

 

大人の掲示板(当時アダルト掲示板)で相手の投稿メッセージを眺めていて懐が暖かかったので、「べついちでどうですか?」という書き込みを見てすかさず相手に「会えますか?」と送り、待つこと数分で「いいですよ」と返ってきたので、場所、時間、条件を確認して現地へ車で向かいました。

 

 

地元から約50分の距離にあるので冷やかしでも受けたらたまんねえなと正直かったるい思いでしたが溜まっていたので行きました。

 

 

吉野家の駐車場前で待ち合わせる約束だったので、そこに車を止めて待つことに。

 

 

こちらが先に到着したようで、「着きました」とメールをおくったら「あと5分くらいで着きます」と返ってきたので車種を教えて待つこと10分、それらしき車が僕の車の横に止まります。

 

 

このとき独特の妙な緊張が走ります。ドキドキして顔を見ると、びっくりしました。驚く程ブサイクだったのです。相手に失礼ですけど・・・。

 

 

この人とヤるのかと思うととても嫌で、条件出してまでブサイクな女性とエッチするなんて罰ゲームよりひどいと思い、無意識に車を走らせて逃げちゃいました。やっちまったなーと罪悪感が残りましたね。

 

 

その後適当に相手にメールをしたあと一切返ってきませんでした。これが、最初の冷やかし体験談です。

 

 

冷やかしはお互いにいい思いは無いので極力避けたいところですが、会おうと思うならメールのやり取りの時に「エッチするかどうかは会ってから決める」等の対策を取っておくと良いかもしれません。

 

 

→PCMAXで楽しい出会いを(登録無料)

 

→ハッピーメールで素敵な出会いを(登録無料)

 

出会い系サイトで出会う可能性を高めるには複数登録がおすすめです^^

こちらの記事もどうですか?

ちょっとガックリ冷やかし体験談

冷やかしという意味は知っていますか?

 

 

冷やかしというのは「本気ではない、誠実でない、からかう」等いくつかの意味を持ちますが、ハッピーメールで言えば、相手をメールで茶化したり、始めっから会う気もないのに会おうと掲示板へ投稿したり、会う約束をしていたのに相手が来なかったり(ドタキャン)等ですね。

 

 

メールで茶化される等はまだ可愛いものですが、最後尾の「会う約束をしていたのに相手が来ない」というのは痛いものです。

 

 

これは最近の体験談になりますが、その経緯を説明したいと思います。

 

 

僕の実家は田舎でなかなか利用者がいないため、ちょうど田舎から離れた某市内で用事があった帰りに、久しぶりに掲示板に投稿してみることにしました。ちょうど夜の10時過ぎだったかな。

 

 

その日は平日で利用者の投稿もとても少ない状態でした。アダルト掲示板の「今スグ・・・」を見てみても、パッとしない内容の投稿だったり、既にライバルがメール済みだったりと、送っても会えないかな?と思ったのでダメもとで「今スグ・・・」と「アダルト&H」へ投稿してみることに。

 

 

内容は「タイトル・・・今すぐしゃぶりたい人」「内容・・・条件書いてメールください」です。

 

 

いたってシンプルな内容ですが、しゃぶりたい人なんて書いたのは初めてでしたし、ちょっと恥ずかしかったですけど妙にインパクトがあるタイトルなのかな?と。まあ、僕は国語が得意ではないので文章力と表現力が苦手で、どう捉えるかは人によりますけど。

 

 

普段は「車内F割り」とか「お口で」とか書くんです^^でも、いつもと違ったことをしてみると意外と反響がよかったりするんですよね。

 

 

待ってる間に夜ご飯を食べて、それから20分くらい車で待機していたら1通のメールが来ました。相手のハンドルネームは「みぃ」さんで、

 

 

みぃ「いまからお願いできますか?」

 

 

返事キタ━(゚∀゚)━!ここからメールのやりとりです。

 

 

や「大丈夫ですよ(^ω^)条件にもよりますけど(汗)」

 

 

みぃ「いくらなら大丈夫ですか?(^∇^)」

 

 

条件設定って意外と難しいんですよね。人によって違いますけど、余裕がない時ってどうしても下げがちなんです。

 

 

や「四枚なら^^手だけなら二枚ですかね(^^;;ダメならスルーしてもらって構いません(^ω^)」

 

 

口なら5枚がだいたい最低ラインだったんですが、もう断られてもいいと思い4枚でお願いすることに。すると、

 

 

みぃ「いいですよ(*^o^*)近くまで迎えに来てもらえたら助かります★」

 

 

なんとOKのメールが!

 

 

や「マジですか!そしたら会ってみましょう(^ω^)現地まで15分くらいかかります。場所を指定してください。」

 

 

そうやってメールを送ったすぐに車を待ち合わせ場所近くまで走らせます。

 

 

みぃ「わかりました★じゃあTSUTAYA前のミニストップにお願いできますか?(^∇^)わかりやすい目印教えてもらえますか?」

 

 

運転中に返事が帰ってきたので集合場所を認識し、TSUTAYA前のミニストップへ到着。

 

 

や「あ、今つきました(^ω^)細い道路側にいます。」

 

 

目印を教えてしばらく待つことにします。いつ来るのかと辺りを時々ドキドキしながら見渡しますが、一向に相手が現れません。

 

 

5分後・・・や「うーん、まだ5分くらいだから気長に待とう」

 

 

10分後・・・や「ちょっと遅いかな?女性だから家でいろいろ準備でもしているんだろう」

 

 

15分後・・・や「これは・・・いや、まさかね~。ちょっと不安になってきた」

 

 

20分後・・・や「これは冷やかしだな。やられた・・・」

 

 

何も音沙汰ないのでメールを送って帰ることにしました。

 

 

や「冷やかしですかね?そろそろ帰りますね(′・ω・`)」

 

 

それからちょっと待ってみたんですがメールは未読のまま。やっぱり冷やかしでした。楽しみにしていただけに残念です。条件が低かったのが原因なのか、時間帯が夜だったから現地へ向かいにくかったのかは分かりません。

 

 

以上、つい最近の冷やかし体験談でした。冷やかし体験はこれだけではないので、また別の体験談として書いていこうと思います。

 

 

冷やかしは付き物というのは否定できませんが、そうそう遭遇するような事でもありません。

 

 

「諦めなければ、次がある」。皆さんも頑張って会う努力をすればきっと会えます。これは一つの体験談として参考にしてもらえればとおもいます。

 

 

→PCMAXで楽しい出会いを(登録無料)

 

→ハッピーメールで素敵な出会いを(登録無料)

 

出会い系サイトで出会う可能性を高めるには複数登録がおすすめです^^

こちらの記事もどうですか?

(盗難)東京で無料お泊りで会ったらお金を盗まれていた

僕の住まいは九州なのですが、年に数回ほど関東に遊びに行くことがありまして、そのときハッピーメールを使って関東の人とも会ってみたいなーと思ったわけです。

 

 

身内が川崎に住んでいるので、試しに川崎市内のアダルト掲示板を見たら割り切り募集がわんさかいます。

 

 

さすが田舎と違って人が多いだけある。

 

 

川崎から東京23区までは目と鼻の先なので、どうせならもっと人のいる東京で探してみよう!と、東京のアダルト掲示板で割り切りの投稿を見ていたわけですが・・・

 

 

いやあ、チャンス(☆)マークが地元に比べてたくさんあるわぁ。

 

 

しかも投稿が多すぎて閲覧してる人もまばらだし、試しにメッセージ送ったらすぐ返ってくるし。

 

 

しかし、条件が地元に比べて高い。地元じゃ別いち~いちごくらいなんですが、東京は最低でも別2、とある投稿者は別3とか。

 

 

しかもホテル代も1時間6000円くらいとられてもおかしくないので金がかかりすぎますw

 

 

というのが、東京で割り切りで会ったのはこの話が初めてじゃないんです。

 

 

詳しくは別記事で書きますが、別2で会ったことがあって、そのときホテル代が1時間6000円だったんですよ。

 

 

さすが東京、物価が高いと思いましたね。

 

 

ということで、今回はなるべくお金がかからない方法で会おうかと思ったわけです。

 

 

お金がかからない方法といえば・・・そうだ、条件ナシだ!条件ナシならお金が掛かったとしても食事代とかホテル代だけですからね。

 

 

しかし、いくら人の多い東京といえど、条件なしで会ってくれる人なんているのかな??なんて疑問を抱きつつも、やってみないと分かりません。

 

 

とりあえず、アダルト掲示板の今スグを漁るように見てみることに。

 

 

ポイントはそのとき400くらいあったので閲覧だけで100ポイントくらい消費するくらいの覚悟で・・・ね。遠方へ遊びに行くと奮発する不思議。

 

 

さすがにないだろうなーと思いながらずーっと見ていたら、・・・ありましたよ。条件はいらないから会いませんか?って投稿が。

 

 

でも人の多い東京だから業者じゃないかなーと半信半疑でしたがとりあえず会えるかメールを送ってみました。

 

 

条件が本当にかからないのか、どこで待ち合わせをすればいいか等ですね。

 

 

そしたら普通にメールが返ってきて、素人がメールしているっぽい感じ。

 

 

相手のプロフを確認すると、体型はちょいぽちゃでかわいい系とのこと。まあ、ぽちゃ系は苦手だけど、条件ないなら文句は言えないか。

 

 

もう3年くらい前の話なのでどういうメールをしたか定かではないですが、しばらくメールを楽しんでいくうちに怪しい雰囲気は消えて行き、それなら会おうと決めました。

 

 

最初はエッチ目的ではなく、ただ単に遊びに行く感覚でですね。

 

 

待ち合わせ場所をどこにするか相談したら、なんと家に招待してくれるとのこと。おいおい、逆にちょっと怖いな。

 

 

でも雰囲気的に業者とかじゃなさそうなのでとりあえず彼女の家がある駅まで行くことに。

 

 

何駅まで行ったのか忘れてしまいましたが、東京都内であることは間違いないです。

 

 

一応用心深く、財布には必要最小限のお金だけ入れていくことにします。2万円弱くらいだったと思います。

 

 

川崎市内から待ち合わせの駅まで行き、最初に教えてもらった目印のアパートまで歩くこと約10分。

 

 

彼女の家はアパートらしいのですが、アパートがありすぎてなかなか見つからず迷ってしまい、それから30分くらい迷って彼女に迷った!とメールを送ったら、目印を教えてくれました。

 

 

それを頼りに歩いていると、やっと彼女の家に着きました。結構歩きましたよ(笑)

 

 

彼女が迎えてくれて、外見は古びたアパートでしたが、部屋の中は一変して内装されていて新築状態。とても綺麗でした。

 

 

彼女の外見はプロフ通りややぽちゃで顔はまあ、悪くないかな?的な感じです。

 

 

家にお邪魔してから部屋にあるいろんなものを見せてもらって、いろいろ世間話を楽しんだあと、話すネタが尽きて暫し沈黙状態。

 

 

そしたら、「お泊りでホテル行かない?」って彼女の方から誘ってきたんです。

 

 

お金いるんでしょ?って聞いたら、いらないよって。しかも外出しなら生でしていいって言ってきてビックリ。

 

 

ちょっとためらいましたが、ホテル代だけでエッチできるならいいかと承諾。さっそく、近くのホテルへ。

 

 

ホテル代は先払い制で宿泊料金なので9800円と値が張りましたが迷わず払って部屋へ。このとき一万円札で支払い残り残金9000円ほど。

 

 

そしてお互いシャワーを浴びてベッドへ。

 

 

キスはしていいと言ってきたのですが、ごめんって拒否しました(笑)一応前戯を・・・胸から攻めて下を触ります。

 

 

10分くらい攻めたかな?一応フェラしてもらい、アソコが濡れ濡れになったのを確認。最後にもう一度生で入れていいか確認。

 

 

良いそうなので、挿れます。生で挿れることなんてなかなかないので気持ちよさが違うのがわかります。

 

 

彼女の喘ぎ声がかすれていてあまり興奮するものではなかったためイクのに時間がかかりましたが、イク時は約束通り外に出しましたよ。

 

 

そしてシャワーを浴びて僕は休むことにしました。寝る前に、朝フェラしてくれる?って頼んだら「いいよ、もう一回しようね」って言ってくれました。

 

 

朝フェラ、まだしてもらったことがないので翌朝を楽しみにして寝ます。

 

 

歩きまくって相当疲れてたのでしょう。目をつむってものの10分くらいで寝てしまいました。

 

 

そして翌朝、ショックな出来事を目の当たりにします。

 

 

朝起きたら、もうそこには彼女の姿がなく、一通のメールが残っていました。「急遽家の手伝いが入って帰らなくちゃいけなくなった」とのこと。

 

 

それなら仕方がないと、脱ぎ散らかしていた衣類を着て、一応ズボンにつけていたポシェットの財布の中身を確認します。まあなにも盗られてないだろーと思いながらの確認。

 

 

そしたらなんと・・・

 

 

 

入っていたはずの五千円札だけが無かったのです。

 

 

 

おかしいな、樋口一葉はたしかに財布の中にあったはず。

 

 

・・・やられましたね。お金を抜き取られて立ち去られたのです。全部は取らずに五千円札だけ。手口が巧妙、上手いですね。

 

 

まあ、こういうことを予測して少なく入れてきたわけです。しかも、脱ぎ散らかしたズボンはベッドから離れた位置にありましたから管理する側の自分にも非があった訳でして。

 

 

その後彼女にメールをしても返ってくることはなく後味が悪いまま終わってしまいました。

 

 

アパートに再度突入するのも考えましたが、実家らしく、どんな人が出てくるか分からないのでやめました。

 

 

警察に言っても面倒なので届け出ず、そのまま立ち去りました。

 

 

今回盗難被害に遭ったわけですが、被害に遭ったことで勉強になったことが数点。

 

 

→人は簡単に信用してはいけない。

 

出会い系はどんな人が潜んでいるかわかりません。

 

 

→貴重品は手に届くところに。肌身離さず持ち歩く。

 

服を脱ぐときはもちろん、お風呂に入るときも目の届くところへ。寝るときはそばに置くようにします。

 

 

→出会い系で会うときは、現金は必要最小限、カードはなるべく持ち出さない

 

今回のように、いつ魔の手が差し伸べられるかわかりません。被害を最小限にするためにも、必要最小限のお金だけ持っていくようにしましょう。

 

 

朝フェラ、楽しみにしてたのになぁ(笑)おあずけですね。

 

 

→PCMAXで楽しい出会いを(登録無料)

 

→ハッピーメールで素敵な出会いを(登録無料)

 

出会い系サイトで出会う可能性を高めるには複数登録がおすすめです^^

こちらの記事もどうですか?

「やるぞう、空港近くで冷やかしをやらかす」の巻

これはさむいさむい真冬のおはなし。

 

 

関東にいる兄が地元へ帰省していて、再び関東へ戻るときに福岡空港まで車で送って行くことになりました。今更ですが、僕は九州男児です。

 

 

朝一番の7:00発の便だったので早起きして出かける準備。車のエンジンをかけ、暖房を全開にし、凍った窓を風呂の残り湯で溶かしてから家を出発。6:00に空港へ到着し、空港内で兄と二人で香り立つほかほかの焼き立てパンを笑顔で頬張りながらアツアツのコーヒーでブレイクタイム。

 

その後無事に兄を見送った後、そのまま地元へ帰るのも何なのでアウェー地でF割り相手を探してみることにしました。

 

 

予算は6くらいと決めて掲示板を眺めてみます。今回攻めの体制でございます。

 

地域を福岡県に変更して・・・探索開始です。

 

 

さすがは福岡、ハッピーメールユーザーが田舎とは比べ物にならないくらいいて、異性の投稿も盛りだくさんです。

 

中には、「下着を生脱ぎしてネットカフェで渡します」という奇抜な投稿もありまして、面白半分に相手にメッセージを送ってみた(僕って最低なヤツだな)んですけど条件が合わず断念。

 

 

空港からちょうど車で10分くらいの某スーパーの駐車場でF割りを募集している女性がいましたので「会えますか~?」とメッセージを送ってみます。

 

 

するとすぐに「いいですよ。」とメールがきたのでイケメンな英世さん5枚で条件を入力。断られるかな~と心配でしたがすぐにOKのメールが返ってきました。

 

 

田舎では朝早くの投稿なんてそうそう無いので利用者が多いエリアは羨ましいな~なんて思っちゃいますね。ああ僕も発展途上地へ引っ越したいわ。

 

 

会う前に相手のプロフもしっかり確認。参考画像は無かったけどスタイル等の評価はまあまあなので会うことを決めました。

 

 

早速現地まで車を走らせます。慣れない道と朝の渋滞でなかなか車が進まずに目的地まで結局倍以上の時間がかかってしまいました。

 

さすがアウェー地。い、言っときますけど、ほ、方向音痴じゃないですよ?僕。

 

 

某スーパーへ到着し、「着きました。お店の入口付近で待ってます」とメールを入れます。

 

相手から「わかりました。あと10分くらいで着きますので車種を教えてください。こちらは黒のタントです」と返事が来ました。

 

 

「わかりました。こちらは白っぽいムーヴです。楽しみに待ってます」とまたメールしました。

 

 

楽しみ・・・といえば楽しみなのですが、やはり会うまで顔と容姿がわからないってのが難点でして、更に慣れないアウェー地でのサイト利用は妙な緊張が走ります。

 

 

相手が現地に到着するまでの心境は複雑で、会いたいけど不細工だったらどうしようとか、人がたくさん歩いている駐車場だし、目立つし、こわもての男の人がカップルで歩いてるし、出会い系による事件のニュースがちょうど流れている頃だったので妙に意識してしまって「美人局とかだったらどうしよう」とか、「ヤ○ザが来たらどうしよう」とか、ほとんど起こることのないものなのに余計な被害妄想が頭の中を行ったり来たりしていました。

 

 

もう、いっそのこと思い切って冷やかしでもしてしまおうかとも考えました。

 

 

そんなこんなで待つこと10分、それらしき黒塗りの車が後ろに停まります。

 

 

顔を確認しようとバレないようにコソコソと相手の車を覗き込むように伺います。

 

 

するとびっくり仰天、なんかぽっちゃりしてそうで顔もイマイチ。まさかこのヒトがそうなのか!?自己評価と違うやん!うそーん、これはハズレたなーどうしようどうしようどうしようくっそーといろんな複雑な気持ちが混じった状況の中でいろいろ考えました。それまでの時間約10秒。

 

 

「よし、ごめんさいならー!」と心で叫ぶと同時に急いで車を走らせて駐車場をあとにしました。やっちまったなー

 

 

あとから「車が見当たりませんけど」とメールがきたので、

 

 

「すみません、会社から電話があってすぐ来てくれと連絡があり会えなくなりました。本当にゴメンなさい」と偽りのメールを送りました。(改めてこの時の僕って最低なヤツだなー)

 

 

相手も分かっていたようで

 

「せっかく来たのにそれはないです。会ってから決めてもよかったのに。せめて一回会って欲しかったです。」と返ってきました。

 

 

ここで初めて、「うわぁ、せっかく来てくれたのに申し訳ない!」と、罪悪感でいっぱいになりました。

 

冷やかす側としての後味は、とても悪いです。居心地も悪いです。僕が善良な人間かどうかは分かりませんが、人の心を持っているならこの気持ちは冷やかしたときに分かるでしょう。

 

特に今回のような誠意をもった人であると尚更罪悪感が増しますね。

 

 

やはり、手間をかけて現地へ来た人を裏切る行為は極力したくないです。気持ちが不安定が故に体が反応してしまったんでしょうね。言い訳にしか聞こえないですが、こういうこともひとつの体験なのです。

 

 

するか、しないかは会ってから決めるという方法も手段なのだと改めて思った瞬間でした。

こちらの記事もどうですか?