【出会い系】ハッピーメールで清楚系な女の子と初エッチ

出会い系サイトを使い始めて間もないころ、僕は当時、運送会社で一般事務と倉庫管理業務を担当しており、

一晩会社に泊まって次の日の夕方まで働く当直制度もあったため日々バタバタしていて、

出会い系サイトを使ったとしても、良くて週に一回ログインする程度で時間がない時期でした。

 

初フェラ割りの出会いから特に目立った出会いもなく、掲示板の書き込みを覗いたり、

投稿している女の子と続かないメールをしたりとつまらない日々が続いてました。

ただ確実なのは、メールのやり取りと掲示板、画像閲覧時にポイントみるみる減っていくことでした。

 

そんなある日、久しぶりにサイトで会う決意をし、掲示板で女の子を探すことにしました。

 

お金があるなら風俗も考えますが、風俗は僕にとってマイナスな思い出が多いのでパスです。

 

仕事柄、男社員の半分以上は女好きの人が多くて、ボーナスが入った後の

会社の飲み会では必ずと言っていいほど夜の街がらみの付き合いが多く、

飲み終わったらほぼ100%風俗に通ってました。

 

当時は高いお金を払ってまでそんなところへ行きたいとは思ってませんでした。

もちろん、女性経験が少なかった当時は女性とエッチするなんて夢のまた夢、考えるだけでドキドキしたもんです。

 

でも、上司が一回り年齢が高いもんだから、風俗も一回り年齢が上の人しか来ないし僕にとってはハズレなので嫌気がさしていたんです。

当時はキャンセルやチェンジの方法もわからなかったのでなすがまま。

必ずしなきゃいけないって思いこんでたから今思えば後悔の連続。

 

熟女好きなら良いかもしれませんが、僕は年下か、せいぜい2つ上くらいまでが限界です。

おばさんを相手に「お金を払ってまで」エッチをすると考えてください。

あなたはそれで納得できますか?僕は無理です。罰ゲームと同義です。

 

今思えば、好きでもない会社の飲み会に参加させられ、

飲みたくもないお酒を気が進まないまま飲み、出来上がった頃に二回り上の上司の

行きつけの風俗へ自費で連れて行かれ、挙句の果てに当たった相手がおばちゃん。

・・・ああ、今思い出してもトラウマになりそう。

 

お金を溝に捨ててましたねぇ。本当にもったいなかった。終わった後は何か空しいし。

 

チェンジ方法も分からず、分かってからも思い切って断れなかったし言えなかったし、

仮に申し出たとしてもマトモなのが来るかどうか・・・

本当に僕にとっての風俗は良い経験は少なかったです。

今では女の子が選べるお店が増えてきているので、そこへ行けばハズレを引く可能性は極端に減りますが・・・。やはりお金がもったいない。

 

風俗事情を良く知っている方や、有名な地域で良いところならば豊富な選択肢はあるでしょうが、

近くには熟女系な風俗店しかなくって絶望的に選択肢が無い状態でした。田舎でしたし。

 

話が脱線しましたが、ハッピーメールのアダルト掲示板でその日の投稿を見ているなかで、

 

さなえ「困っています。某市内にいますが、夜10時から会える方いませんか?メール待ってます」

 

と、アダルト掲示板ではごくごく普通に書いてある内容でしたが、僕がこの子を選んだ理由がプロフィール。

 

そのコは20代前半、スタイル普通で癒し系、自己評価は平均星3.5くらい。

一口コメントも、単調すぎず、誘いすぎず。実際このほうが素人女性の可能性が高く、

出会いを求めていることが多いんです。早速、会えるかどうかのメールを送ってみます。

 

や「こんばんは。夜10時大丈夫です。訳ありですか?」

 

困っていると書いてあるから訳ありだと思うんですが確認の為に聞くことは大事です。

返事はすぐに返ってきました。

 

さ「こんばんは。ホ別でいちご希望(※)です。大丈夫ですか(汗)?」

 

※サイトの隠語で、ホ別いちご=ホテル代とは別に15000円くださいという意味です。ホテル代が3000~10000円ほどかかるので、15000円にホテル代を上乗せする形になります。

 

これだと実質二万くらい必要になります。それでも良かったのですが、交渉してみることにしました。

 

や「別でいちごは高いですね。もう少し下げられませんか?」と聞いてみると、

 

さ「わかりました。いちになら大丈夫ですよ」

 

と返ってきました。交渉で下げてくれたのでラッキー。もちろんOK。

 

や「わかりました。待ち合わせは何処にしますか?」

 

さ「車が無いので、某駅前のファミリーマートで待ち合わせお願いできますか?」

 

や「良いですよ。それでは、夜10時駅前のファミマに着いたらメールしますね。」

 

さ「はい、よろしくお願いします。車の特徴を教えてください。」

 

や「わかりました。こちらこそよろしくお願いします。」

 

車種等の目印を教えてから現地へ向かいます。某市内の待ち合わせ場所までは

車でちょうど一時間くらいかかります。仕事着だったので、急いで着替えを済ませて出発。

待ち合わせ場所に行くまでドキドキが止まらない。

 

どんな人なのかなーとか、おっぱい大きいかなーとか、好みなら良いなぁとか想像しちゃうんですね。

当時はアバターすら無かったので、プロフと自己評価だけが頼りです。写メがあれば尚更いいんですが(笑)

 

待ち合わせ場所に到着後、彼女に到着メールを送ります。

 

や「着きました。駐車場で待っていますね。」

 

さ「はい、すぐに行きます。」

 

この間が緊張絶頂の時。風俗で相手を待つ以上にドキドキします。

数分後、女性が車に向かって歩いてきました。

 

女性「あの、やるぞうさんですか・・・?さなえです。」

 

や「あ、はいそうです。どうぞどうぞ」

 

彼女をクルマの助手席に乗せます。見た目はプロフ通りといった感じでした。

茶髪にカールがかったロングヘア。体系は細身で、おっとりしてて人見知りしてそうな感じのコでした。

 

見た目も結構好みです。おとなしめな感じで清楚なイメージ。

 

期待に胸膨らませてホテルへ。

 

それから、一緒にお風呂に入ります。まずは浴槽にお湯をためます。
この、本番に入る前の時間が一番の楽しみで、本番に入るまでの短い時間でどれだけ相手の緊張をほぐせるかも腕の見せどころ。

 

彼女は僕の話を相槌打って聞いてくれるのでとても好印象。

タバコも吸わないし、携帯電話もいじらないし、言うことなし。素人さと羞恥心がにじみ出ていていい感じです。

 

お風呂に入るとき「・・・一緒に入りますか?」って言ってくれました。

この一言にもドキドキさせられ、もちろん承諾。お互い裸になるわけで、

見ず知らずの異性と裸同士になって和気藹々とするのは誰であっても新鮮味のあるもの。

経験が少なければ尚更です。

 

男の本能なのか、可愛い女の子と一緒にお風呂に入るというだけで自分のがやばいくらい勃ってて、見せるのが恥ずかしかったです。

本番前なのにカウパー腺(ちんこの先から出る透明な液体)出てるし・・・

 

体を軽く流してからふたりで浴槽に入りますが、お互い緊張のあまり言葉が出ない・・・。

数分後、無口でいるのも何なのでこちらから話題作り。

あんまり覚えてないけど、サイトをいつから使ってるかとか、好きな有名人は誰かとか、

最近良いことあった?とか・・・意外とどうでもいい話でしたが、

彼女は笑顔で聞いてくれてました。緊張がほぐれたようで一安心。

 

芸能人に似てますね~って言われたんですが、誰に似てるって言われたかも忘れるほど緊張してました(笑)

 

話している間に、さらけ出された彼女の身体をさりげなく観察。

胸の形は奇麗で、膨らみもそこそこある。お椀型タイプ。文句のつけどころはない。

むしろ、ムスコが収まらない・・・どんだけ興奮してるんだ。

 

お風呂から上がり、ベッドイン。

 

・・・ベッドインしたのはいいものの、いざ本番となるとなかなかお互いに手が出せずに、

ぎこちない世間話がしばらく続きます。僕としては早くエッチしたいのだけど、やっぱり恥ずかしくてなかなか手が出せない。

手をだそうか・・・どうしようか・・・もう少し待つか・・・この緊張感、たまらない!

 

これも楽しみの一つです。これで時間を潰すのも・・・良い。

 

や「あの、そろそろ・・・いいですか?」

 

さ「・・・いいですよ。」

 

こんな時はどうしていいのか分からず、相手に許可を求めてしまう自分がいます。

当時経験が少なかった・・・いや、経験がそこそこある今でもたまに聞くことはありますが、

こういう時は男がリードしなくては事が進みません。

成り行きに任せ、自然な感じで進めて良いのです。

 

最初にキスを。ディープキスってなかなか興奮します。

彼女はOKでしたが、中にはキスNGの人もいますので注意。

 

キスをしながら彼女は僕のを愛撫してくれます。もうガチガチでいまにもはちきれそう。

 

それから彼女の乳首を思う存分に舐め回し、彼女のあそこに指を近づけます。

・・・触ってみると、既に濡れ濡れ。・・・感じてくれている。

相手が濡れてると嬉しいですね。そこから優しくクリトリスを刺激して、

膣内に指を入れて次第に激しく指を動かして手マンを楽しむ。

 

あんまり激しくするとダメらしいので、今度はフェラをお願いすることに。

ためらいもなく僕のを咥えては舐め、舌でなぞり、優しく、時に激しく刺激してくれます。

・・・やばい、上手い。超気持ちいい・・・

 

このままだと流石に出そうだったので、本番へ。

・・・だって、そこで出しちゃったら一気に賢者タイム突入ですからね。

 

彼女のアソコに僕のを挿入します。

僕は正常位が好きなので、そのまま腰を振りながらキスをして、彼女を喜ばせようと一生懸命に頑張ります。

しかし、彼女の中があったかくて締め付けられて気持ちよすぎてもうイきそう!

 

・・・5分も経たないうちにイッてしまいました。本当はもう少し楽しみたかったけど、

オナニーもしばらくしてなかったし、入れる前からアソコがギンギンで収まらない状態がじっと続いていたので仕方ありません。

 

本番が終わってからもう一度一緒にお風呂に入り、世間話をある程度楽しんでからホテルを後にします。

 

そして最初の待ち合わせ場所まで彼女を送り、ありがとうとお互いにお礼を言ってさよならしました。

 

ここまで約2時間だったけど、楽しい時間を過ごせたと思います。

出会いサイトってこんな良い出会いがあるんだ、いいなぁと思うことができました。

 

彼女とはこれっきりで会っていないけど、今頃は幸せになってると良いなぁ。

 

ゆっくりした甘~い時間は楽しく過ごしたいものですね。



→PCMAXで楽しい出会いを(登録無料 R18)

→ハッピーメールで素敵な出会いを(登録無料 R18)

出会い系サイトで出会う可能性を高めるには複数登録がおすすめです。