【出会い系】他人夫妻のセックスを生でリアルに鑑賞してみた

セックス(性行為)は、常識的に考えれば男女1対1で行うのが常識ですが、

男2女1または、男1女2の、3Pに興味を持ったこと、一度はありませんか?

 

僕は・・・少ないですが男2女1を経験済みです。

別の男性に裸を見られるのも微妙な抵抗があるわけですが、

どうせプレイするときはみんな裸ですからね(笑)温泉で混浴してると思えばいいわけです。

サイトの中では男1女2の3Pを匂わせるような書き込みも時々見かけるので、

そちらもいずれ体験できるかもしれません。ハーレムですよ

 

今からお話するのは少々変わった体験談になるのですが、一部始終を詳しくお話します。

 

アブノーマルな掲示板は、普通にエッチするよりも刺激が欲しい、

変わったプレイがしたい人向けに存在します。変態は変態を呼びます。

 

僕の住んでるエリアじゃぁなかなかアブノーマル掲示板に書き込みがなくて、

もしあったとしてもポイント稼ぎのメールレディだったり、先にライバルに取られたりして、

アブノーマル掲示板で今まで出会いを達成させたことが無かったわけです。

 

しかしなんと、そんなアブノーマル掲示板で会うことができちゃったんですね。

 

投稿内容は、「カップル同士限定で会いませんか?お一人なら鑑賞だけでもいいですよ」というものでした。

 

もちろん僕には彼女がいなかったのでカップル同士というものに該当せず半ば諦めてましたが、

お相手の受付メール数(※)に対してメールがそんなに送られていなかったので鑑賞目的で送ってみることにしました。

 

※・・・サイトによっては、掲示板投稿したときに受信するメール数を設定することができます。

 

や「鑑賞、してみたいですね」

 

どうせ返ってこないだろうと思っていたら

 

「お返事遅くなってごめんなさい。パートナーさんはいらっしゃいますか?単独の方じゃなかったら是非お願いします!」

 

という返事がきました。でも残念ながら単独なので、

 

や「メールありがとうございます。カップル限定なんですね(^^;;申し訳ないです」

 

と、お詫びのメールを入れました。これで終わったなー次行こうと思ったとき

 

「ただ見るだけならいいですけど、それはつまらないでしょ?

見られるのはいいんですけど、3Pだと旦那が嫌だと思うので」

 

と。見るだけならいいのか!まじですかwもしかしたらって思って

 

や「僕は見てるだけで大丈夫ですよ。勉強と思って見てれば良いので」

 

一体どうなるやら・・・するとすぐに返事がきました。

 

「隣県まできてもらうことはできますか?」

 

うお!これって会ってもらえるんじゃないけ!ちょっと遠いけど。

でも、旦那さんにとりあえず確認をとってもらうことに。

 

や「1時間ほどかかりますけど行けないことはないかと思います。

ちなみに、こういう見学とかは初めてなので聞きたいことが・・・。

旦那さんの了解とか、条件とか、なにか注意事項とかありますか?」

 

まあ、見物料と称して取られるんだろうなと構えていたら、

 

「条件としてはホテル代を折半していだいて、あとはお触りとかなしでただ見学していただけるなら他は特にありませんよ!」

 

えっ、折半でいいの?一瞬固まりました。

嘘なんじゃないかともう一回返信されたメールを読み返しましたが、間違いないようです。

見物料、かかると思ってましたからね。

 

ホテル代半分出すだけで、見ず知らずの若夫婦のエッチを生見学できるなら安いものです。

 

あとは日取り、時間、待ち合わせ場所すべてを決めて、会う日を待つのみとなりました。

 

なんせ他人のエッチをひとりで見物するなんて初めての事ですし、

楽しみなぶん新しいことに足を踏み入れるわけで、不安な気持ちもありましたよ。

写真も無いので会うまではどんな人なのかも分かりませんからね。

 

そして当日愛車を走らせ、待ち合わせ場所のコンビニに到着し、車種を書いたメールをその場で送ります。

 

約10分後、僕の車へひとりの綺麗な女性が向かって来て、

 

「やるぞうさんですか?」と聞かれたので頷き、挨拶を済ませ、

相手方の車のうしろをついていく形でホテルへ直行しました。

これから向かうホテルは2台車を停めることができるらしい。

 

車を降りて旦那さんへ挨拶してホテルの中へ。

 

ホテル内は結構広くて快適な環境です。旦那さんもワイルドで奥さんもとてもキレイな人でした。

 

旦那さんはキム兄似で小柄でガッチリな感じ。土木関係でお仕事をしているそうです。

奥さんは道端アンジェリカ似ですらっとしていましたね。なんかAV撮影前のスタッフみたいな気分。

 

最初は不安でしたが、旦那さんは見た目とは裏腹にとても優しい人で、

ここにたどり着くまでの経緯や雑談を楽しんでいるうちに打ち解けてきて、とても明るい雰囲気に。

 

こういった会い方は滅多にできないのでいろいろ質問させてもらいました。

 

や「何回かサイトで会ってるんですか?」と聞いてみたら、

 

旦那「俺はサイトで会うのは怖いから自ら使ったことがない」らしく、

 

旦那「何回かこうやって会った人たちにいろんな体験談を聞いたら面倒くさくてサイトでは会いたくなくなった」そうです。

 

カップル同士で逢いたくても冷やかしを受けたことが何回かあったそうです。

 

意外や意外、旦那さんがサイト利用者で奥さんに命令しているのかと思いきや、その逆で奥さんがサイト利用者の常連さんだったのです。

 

僕は冷やかしを喰らったことが数回ありますし(冷やかしもしてますが←)、

冷やかされた側の気持ちは痛いほど分かります。

 

僕も冷やかしは体験済みですよ!と旦那さんへ言うと少々びっくりされていました。

 

冷やかしはもちろん、その他のトラブルについて語ると、

旦那さんは興味津々で僕の話に耳を傾けてくれて、どんどん会話が弾みました。

出会い系の情報交換ですね。

 

話もひと段落したところで、「さて、そろそろ始めようか」と、夫婦は服を脱いで真っ裸になってからベッドへ。

 

や「僕はただ見てるだけでいいですか?」

 

奥「メール通り見ててくれたらいいですよ」

 

ということなので、それに従いました。

 

旦那さんから聞いた話、奥さんは知らない人にエッチを見られると興奮する性癖らしいです。

 

僕は内心嬉しかったですよ。そういう素敵な変態と出会えるなんて思ってませんでしたから。

この場にいる全員が変態です(笑)

 

まもなく旦那さんの命令で奥さんがオナニーを始めたので、

その様子を興味津々でベッドから3メートル程離れたソファーで見てた僕を旦那さんが気にかけていたようで、

「ほらほら、もっと近くで見ていいですよ」と旦那さんがベッドへ誘ってくれたのです。

 

えっ、いいのかなーと申し訳なさそうに近寄ってベッドの奥さん側にちょこんと腰掛けて

成り行きを見守ってたら、旦那さんがどうも人から見られながら黙って行為に及んでいるのは落ち着かないらしく、

夫婦エッチの最中に卑猥な変態話を交えていろいろ知らない世界を語ってくれました。

 

乱交、SM、スワッピング・・・妄想の世界でしか思い浮かべたことのないお話が次々と出てくるので、

興味がある点はエッチ中にもかかわらず、すかさず質問。

今思えばすごく勉強になった気がします。目の前でセックス鑑賞しながらこんな話をするのは

斬新ですからね・・・何を質問したのか忘れるくらい二人のエッチに魅入っていました。

 

旦那さんが奥さんのマ○コに挿入すると、「見えないでしょ?遠慮せず、間近で見ていいですよ」

と言ってくれたので近くに寄ってまじまじと見てました。

結構近くで視線と性器の距離はおよそ30センチほど。

 

20分ほど出し入れが繰り返される中で正常位→バック→松葉崩し等、旦那さんは体位を数分ごとに変えていきます。

さすが筋肉質、スタミナが強い!もちろんイクときは中出し。

 

休憩するのかと思いきや、なんと中出ししたまま1分も経たずに再度腰を振り始めました。

賢者タイムすら突入しないという絶倫の持ち主に出会った瞬間。

まるでエロ漫画やAVの世界かと、目の当たりにする光景一つ一つが新鮮でした。

 

着の身着のままでいた僕に旦那さんが再度話しかけてきます。

 

旦「よく脱がずにいれますね。せっかく来てもらってるんだからオナニーしてもいいですよ」

 

「へっ?」と声が裏返りました。だって、見学だけって思ってましたから。

まさか自分が服を脱ぐなんて考えてもいなかったからです。

 

や「ほんとにいいんですか?見学だけって条件だったので、なんか申し訳ないです」

 

旦「いやいやせっかく来てくれてるのにこっちが申し訳ないですよ。するもんはしたほうが得でしょう?」

 

なんと器の広い旦那なんだ!優しすぎだろう・・・。

しかしその時は恥じらいがあってまだ脱ぐことをためらっており、

脱ぐか悩みながら二人のエッチを指をくわえながら見てました。

 

もう一度旦那さんがイったあと、ようやく休憩。

奥さんが先にバスルームへ向かってシャワーを浴びに行きます。

奥さんが出てくるまでのおよそ20分のあいだ、旦那さんと仕事の話やエッチな話を延々と続けました。

 

奥さんがバスルームから出てくると、火照った身体を休める時間も間もなく、

ホテルで用意されていた浴衣姿でベッドに戻って電マを使ったオナニーを始めました。

奥さんも性欲が強いな・・・するとまた旦那さんが口を開きます。

 

旦「俺は風呂に入ってきますから、妻のオナニー見てやってください。見られると興奮するみたいなんで。あなたは服脱いでてくださいね」

 

と言い残してからバスルームへ。ここまで来たら遠慮するのが失礼に値すると思い、

遠慮なく服を脱いでパンツ一枚になり、変態の仲間入りをば。

 

とりあえず脱いだが半勃ち。ちょっと情けなくて恥ずかしい。奥さんに近づいてまじまじと見ることに。

 

旦那さんがシャワーのあいだ、オナニー中に出る奥さんの喘ぎ声とか、

性器を愛撫している姿がエロくて、こんな間近で最高のオナニーショーが間近で楽しめるなんて夢のようでした。

 

一度射精するとすぐに賢者タイムに入ってしまう僕は、

ムラムラが冷めるのがもったいなくて自分がオナニーするのは後回しにし、

30分ほど奥さんが潮吹きで何回もイクところをずっと楽しんで見ていました。

 

そこで旦那さんがお風呂から上がって、数分ソファーで火照った身体を冷ました後、

再び腰を上げてベッドに向かってきます。

 

旦「なんだ潮吹いてるのか」とつぶやいてから奥さんに旦那さんの逞しい松茸をくわえさせ、勃ったところで再び挿入。

 

その様子を間近でずっと見ていると、またまた旦那さんが誘ってきました。

奥さんの浴衣を脱がせておっぱいを露出させると、

 

旦「ほら、舐めてもいいですよ。舐めてあげてください」

 

と。もちろん断る理由なんかあるはずもなく、言われるがまま乳首を舐め回し、

さらに旦那さんが腰を動かしながら奥さんの腕を掴んで僕のチ○コに近づけてきて、

 

旦「ほら、しっかりしごいてやって」と奥さんに命令。手コキまでしてくれるのか!・・・嬉しい誤算でした。

 

ホテル代の折半だけでこんな美味しい体験が出来たのはラッキーです。

 

旦那さんが一度挿入をやめ、

 

旦「濡れ具合すごいですよ。触っていいですよ」と言ってくれたので奥さんのアソコにそっと手をやると、

潮吹いて愛液が溢れていてグチョグチョで濡れ濡れでした。

もう、触っただけでヌルヌルしていてすごかったです。

 

しばらく自分で手コキをしては奥さんにチ○コを近づけて手コキを繰り返し、

夫婦の様子を見ながら3人とも気持ちよくなってきたところで

 

旦「一緒にイキましょうか」と言われたので、僕も一生懸命シコってイク準備を。

 

僕は射精するときいつもティッシュに出す癖がついているので、

ティッシュを準備している僕を見た旦那さんが

「そのまま出したらどうですか?シーツの上でも出しちゃってもいいでしょう?」

って言われたので、そのまましごいてシーツに精液飛ばしてイッちゃいました。

 

さすがに奥さんにぶっかけ許可はもらえませんでしたが(笑)

 

エッチなショーが終わったところでそれぞれお風呂に入って精算。

本当にホテル代の折半のみで大丈夫でした。

 

さらに旦那さんから「また都合が合えば会いましょうか」と意外な言葉が。

それから全員さっぱりした気持ちで解散。

 

こんな特殊な夫婦ですが、優しさと目に見えない暖かさがあり、

別れた後もあの時間で起きた出来事を思い出しながら、

長い道のりを清々しい気持ちで帰れましたとさ。

 

サイトを使ってみるとこういう楽しい出会いもあるんだなーとしみじみ。

 

知らない未知なる性の世界がまだまだありそうです。

 

→PCMAXで楽しい出会いを(登録無料 R18)

→ハッピーメールで素敵な出会いを(登録無料 R18)

出会い系サイトで出会う可能性を高めるには複数登録がおすすめです。