【出会い系】バツイチ子持ちの積極的な人妻と甘~い濃厚エッチを体験

サイトを利用に少しだけ慣れてきた頃・・・僕が運送会社に移動し、

トラックの運転手さんからサイトを教えてもらってから半年くらいの体験でしょうか。

 

今回待ちの作戦で、アダルトな掲示板にあれやこれやと異性を釣ろうと自分なりに仕込み(掲示板投稿)を続けていました。

 

もちろんすぐに反応が来ることは無いとみて、その頃から一日一回掲示板書き込みがタダだったため、

それを利用して来る日も来る日もめげずに掲示板に投稿を続けていたわけですね。

 

アダルトな掲示板といえば、ポイント以外にお金が絡むことが結構多いので、

なるべくお金を消費しないようにできないかと考え、「とりあえずドライブに行きませんか?」と、

ピュア掲示板に投稿するような内容でダメもとで書いてみたんです。

 

投稿を続けて一週間後、なんと・・・返事が来ました。来る日もなんて言っておきながら、僕にとっては案外早い反応でした。

 

「ドライブ行きませんか?」なんて薄っぺらい内容に返事が来ることは田舎ではそうそうありません。しかもそこはアダルト掲示板です。

 

大抵が「場所ちげーよ!」とか、「書く場所わかって書いてる?ここに書くな!」

等の罵声や怒りしかもらえないことが結構ありますが、今回はラッキーでした。

 

まずはメールのやりとりを。相手の名前はめぐみ。

何通かサイト内でやり取りしているうちに、彼女から「メアド交換しない?」と嬉しい申し出が。

 

もちろん承諾し直アド交換。それから自然とやりとりすることができ、

メールをしていくうちに相手のことも段々と分かっていくわけですが・・・

 

なんと、相手はバツイチの子持ちであることが分かったんです。しかも3人いるとか・・・。

 

人によりけりですが、子持ちの母ってぽっちゃり体型が多いイメージが僕にはあったので、

失礼だけど思い切って彼女の体型について聞いてみることに。

 

すると聞く寸前に彼女の方から、「よかったら写メ交換しない!?」って言われまして・・・グッドタイミング!

 

しかし当時は考えました。当時の僕ってシャイで、眉も何も手入れして無くてケンシロウみたいだし、

ファッションも疎いし、話下手だし、不細工って思ってたし・・・。

唯一自慢出来るのはチ○コの固さくらいですよ。そんなんストレートに言えるわけないし・・・。

 

しかも会社で宿直中だし制服だし、運転手さんが帰ってくるかもしれないし・・・

 

でも、彼女も写真送ってくれるって言ってくれたので一生懸命何枚か自撮りして

一番良さそうなやつを送ってみたら「カッコイイね!」って意外な返事が来たんです。

 

タイプじゃないって言われなくて安心しました(笑)

 

僕みたいなのが好みのタイプだそうです。そう言われるとドキドキしますね。照れます。送ってみないとわからんもんだなぁって。

 

で、彼女からもちゃんと写メが返ってきましたよ。

写真は可もなく不可もなくといったところでしたが、なんだか大人にしかない色っぽさを秘めている感じがしました。

 

さらに会話が進む中、「電話しない!?」って言われたので「!?」と頭の中が真っ白になりまして。出会い系で番号交換するなんて初めてです。

 

家にいるなら良いんですが、ここは会社。宿直中。運転手さん帰ってきたらどうしようとか

いろいろ考えたんですが、ここでチャンスを逃すわけにはいかず、結局電話することに。

 

すると彼女のほうから番号付きのメールをくれたのでかけてみます。

 

お互いにはじめましてから始まり、最初はぎこちなかったけど会話するうちに

徐々に打ち解け会話が弾んでいきます。

会話の途中途中、さりげなく甘いセクシーな声で誘われているような感覚が今でも忘れられません。

 

すると会話は不思議とエッチな方向に向かっていきます。

 

大きくなったらどのくらいになるの?とか、経験豊富なの?とかいろいろ聞かれました。

しまいには「じゃあ、今度一緒にお風呂に入る?」ってwww

 

その時「ブーーーッ」ってお茶吹き出しました。そんなこと言われるなんて初めてで・・・。

当時は女性経験なんて殆ど無かったし、積極的な誘惑の刺激が強くて想像しただけでガマン汁が止まりませんでしたからw

 

そして、近いうちに会おうと約束してその日は電話を切りました。

 

それから数日後・・・

 

仕事が終わり、趣味のパチンコで遊んで帰ろうとした夜10時過ぎに彼女からメールが。

 

め「やるぞう、よかったら今日、会えない?」って。

 

キター!でも同時に迷いましたねー。時間が夜の10時すぎだし、次の日仕事だし・・・

 

同県内でしたが、僕と彼女は最南端と最北端に位置しており、

会うにしても車で約2時間かかる場所だったのでこの遅いタイミングで会うかどうか悩みました。

 

しかも仕事とパチンコで疲れてヘトヘト。居眠り運転してしまわないかも心配で。

 

でも、このチャンスを逃すと次はいつ会えるか分からないと、思い切って会うことにしました。

 

メールで会う約束をしてから、早速家に帰って風呂で汗臭い体をきれいにし、

車中泊を想定して次の日の仕事着等の準備して眠たい目をこすりつつ出かけます。

 

この間彼女の容姿についていろいろ考えました。

電話で話をした仲なので、大抵のことは分かります。あとは体つきを確認するだけなのです。

 

およそ2時間後、目的地付近へ到着。しかし、遠方なので土地勘が無い。

 

彼女に電話をして目印を教えてもらい、その場所まで行くと、やっと彼女に会えました。

 

会ってみた感じ、もらった写メよりもおっとりして可愛い。ちょっとだけふくよかだけど許容範囲内で全然大丈夫でした。

 

彼女の服装は、スナック等の飲み屋で見るようなおしゃれな色っぽい格好でした。

黒のミニスカートに黒タイツ。赤面して彼女の方をなかなか見れませんでした。

 

助手席に乗せてドライブ開始。1時間くらいあてもなく車を走らせる中で、いろんな話をしました。

内容はよく覚えていませんが、家族の事とか、悩みとか、どうしてサイトを使っているのかとか。

 

そんなこんなで話題も尽きてきた頃、心臓バクバクさせながら例の話に入ります。

そう、以前言っていた「お風呂に入る?」という意味深な会話。それが本当なのかどうかを確かめる時が。

 

喉から出そうで出ない・・・ドライブ中話が尽き始めた頃ずっと沈黙が続いてる感覚。

なかなか声に出しづらかったです。

 

や「あの、このまえ言ってたお風呂の話って、本当なの?」

 

ってストレートに聞いてみました。そしたら、

 

め「お風呂入りたい?なら入ろっか?」とあっさり言われました。本当だったのか///

 

で、成り行きで近くのホテルへ行き、マジで風呂に入ることに。

 

異性の前で裸になることがあまりなかったので恥ずかしさがこみ上げる中で先に入り、後から彼女も続いて入ってきます。

 

「お腹がちょっと醜いかもしれないけど・・・いい?」って言われたのでそのときは

「?」な感じで意味が分からず「?いいよ?」と答えて浴槽に一緒に入りました。

 

そう、彼女には3人の子供がいて、すべて帝王切開でお腹を切ってたんです。だからなのかーと。

でも、打ち解けて仲良くなっていたのでそんなことは1ミリも気にしませんでした。

そんなことよりこの後の展開が気になって仕方がなかったです。

 

「果たして一緒にお風呂に入ることだけが目的なのか?その先があるのか?」です。

 

や「お風呂入ったあとはどうする?」

 

って彼女に小声で聞いてみました。すると、彼女が赤面しながら言います。

 

め「ひとつしかないと思いますけど///」って。

 

や「ひとつって?」

 

め「もぉ、ばか。分かってるくせに」

 

うおーキター!やっぱりエッチするのか!もう心臓バクバクです。

 

風呂から上がって体を拭き、二人共にそっとベッドインします。

それから10分弱、どうしていいかわからず、なかなか躊躇ってしまって手が出ません。

経験浅かった僕にとってはリードするって単語が出てきませんでした。

 

「始めても・・・いいですか?」「いいよ」ってなるけど、なかなか進められない><

 

お互いに体が向き合った瞬間、彼女の方からにっこり微笑んで僕に抱きつき唇を奪いにきました。

積極的でエロく大胆な深いディープキス。そこから先に進んでいきます。

 

やり方がよくわからなかったので自分なりに進めてみます。

おっぱいを揉みながら乳首を舐め回したり、不慣れながらもクンニをしたり・・・。

 

それからフェラもしてもらったのですが、これがテクニシャン。

舌使いがヤバイ、気持ちイイ!!

数分も持ちこたえられないくらいやばかった・・・。

 

その後、カチカチになったチ○コにゴムをつけて挿入。

3人産んだとは思えないほど膣内はすごい締め付けでこっちもヤバイ!数分と持たんわこんなん!

 

気持ちよすぎてあっという間に出ちゃいました。

 

エッチが終わった後またお一緒に風呂に入って、

上がった後も少しお話してゆっくりした時間を過ごしてホテルをあとにします。

 

彼女を指定のコンビニへ送ったあとにサヨナラしました。

 

そのとき時間は夜中の4時を回り、体は疲れていましたが心は大満足で車内泊。

 

睡眠時間が短く次の日の仕事はけっこうキツかったですが、すごくいい思い出となりました。

 

それから時々彼女とはメールをしていました。「また一緒にお風呂入る?」と言ってくれてたので

次に会えるのをとても楽しみにしていましたが、場所が遠いのと時間が噛み合わない日々が続き、

当時の悪友に時間を束縛されたりして結局その後会うことはできないまま、

音信不通になって連絡が途絶えてしまいました。

 

今思うとすごくもったいないことをしてしまったと思います。

しかしこれも一期一会、思い出を大切にしていきたいものです。

 

稀なケースかもしれませんが、アダルトな掲示板でもお金をかけずに会うことができた事例です。読んで頂いたあなたもこういう体験ができるかもしれません。



→PCMAXで楽しい出会いを(登録無料 R18)

→ハッピーメールで素敵な出会いを(登録無料 R18)

出会い系サイトで出会う可能性を高めるには複数登録がおすすめです。